長桂寺 お寺のブログ

トップページへ


2021年02月

ザゼンソウの群生地 立ち入り禁止

長桂寺からも近い沼の窪のザゼンソウの群生地、
残念ながら今年は見られないようです。

花弁のないたくさんの花が集まりこん棒状(肉穂花序=にくすいかじょ)になる形が、僧侶が座禅を組む姿に見えることが由来と言われている「座禅草(ザセンソウ)」です。

新聞の記事によると、
「例年この時季に花を咲かせて春の訪れを告げるザゼンソウの群生地「沼の窪市有林」(前橋市富士見町赤城山)で、イノシシの食害とみられる被害により株が激減していることが2月8日までに、同市などへの取材で分かった。周辺は散策のために木道が整備されているが、市は保護を優先するため、昨年12月から立ち入りを禁止している。」とのことです。

来年にはまた見られるようになると良いですね。